開発用仮想マシンはオンプレミスで

開発:クラウドの世紀だなんて思ってました。開発用の環境もクラウドのVMにしちゃおうかって。でもこのHyper/VでUbuntuやってみて、今思えば、あれは何の世迷いごとだったろうとつくづく思いますね。

社長:まあ、五年後どうかはわからないですけど。時期尚早でした。

基盤:それで、FirefoxとThunderbirdの77をサラからビルドしてるんですが、面白いので並列にやってます。コアは6つのうちの5つをあげました。ホストの負荷のCPU100%ベタが気持ちいいですね。能力を余す事なく使い切っている。なのに、ホストもゲストも操作にサクサク反応するし、RemoteDesktopも何の問題も無いです。スケジューリング技術のたまものですかね。

開発:「オンプレミス」とかふざけんなって感じですよ。当たり前だろうって。あと、リソースをクラウドとローカルに置いて強調させるっていう解も考えて来ましたが、まあ用途は狭いですね。ローカルなリソース間でマイクロ秒で完璧セキュアに交信出来るのに比べて、お話にならない。何のままごとだったろうって。やはりローカリティ命です。神様が決めた光の速度は30万km/s、30 * 10000 * 1000 m/s、300Mm/s、つまり1マイクロ秒に300m、1ミリ秒に300kmしか進まないのです。計算間違ってませんよね。これは双方向の通信にとっては致命的です。

基盤:クラウドの仮想マシンのコスト削減にはずいぶん労力を投入してしまいましたが。ディスクをつけたり外したりするのにずいぶん苦労しました。

社長:実際、クラウドで運用するのが良いサービスはありますから。あの苦労は無駄ではなかったです。何をどこにどう配置するのが良いか、実体験に基づく判断基準ができたと思います。

開発:そもそもクラウドも仮想マシン技術の勝利ですよね。以前長くVMwareを使ってましたが、少なくとも当時のVMwareに比べてこのHyper/Vはもう全くハイパーです。まあ最近のVMwareがどう進化しているのかは知らないですけど。

基盤:Hyper/Vの場合OSと統合されてるので、VMware的なお手軽感は無いですが、一回設定するだけの手間です。そしてその分、OSの能力をフルに活用できてますね。macOS用Hyper/Vとか出さないんですかね?箱入りなのかな。

社長:ちょっとこれ、気になる記事なんですが。2020年1月3日付け。なんですかねこれ。「How to Use Hyper-V Virtualization on Mac Computers」ttps://www.parallels.com/blogs/hyper-v-mac/

開発:Parallels!超ナツカシス!私最初に使ったVMがそれでした。Macで動くバカチョンVM。あれ、結構好きでした。その後VMwareに乗り換えましたが。まだあったんですね。自社サイトで言いたい事吹いてるパターンですか?

基盤:¥9,818/年、と出てますね。Free Trialあり。「Use Mac to Run Any Windows Program for Your Business」。あ、日本語ページあり。「Mac を使用して業務向けのあらゆる Windows プログラムを実行できます」。

社長:気になる気になる。すごーく気になる。

経理:10%引きのクーポンがあるみたいですよ。でも先月までかな?

開発:Hyper/V+RemoteDesktopが動くんで、当社では今週、Win10Pro入りレノボ君の人気が沸騰したわけですが、実は全部Macでやれるという話ですかね。まあコストの問題ですが。でも、全部Macにできるなら多少余計に費用がかかっても許容ですかね。

社長:気分の良さが最重要です。

基盤:そういえばレノボ君、ただいま黙々とビルドしております。

開発:だいぶ進みましたね。ビルド完了まであと30分くらいかな?

基盤:今月下旬には8コアで16GBのiMacが来ます。ちょうど良いタイミングかもですね。

社長:そういえばパックンの相方のマックンて、私とおなじ出身県なんです。てか今Wikiでみたら同じ市ですね(!)。今はどうしてるんでしょう。思えばパックンのピンしかみた記憶ないけど。県の観光特使だそうですが。

開発:夢でキッスキッスキッスってやつですか。

基盤:いや、それはかなり違いますね。むしろパペマペのほうが近い。おっと、ハイパークンの動きに変化が。並列性が落ちてきたということは、終段に向かってますね。

開発:あれ、これ並列にやっていると、最終段の巨大rustcとldがぶつかって死んだりしないかな?

基盤:あ。。。まあでも開始時刻が数分ずれてますから、助かるかも。それにしてもldとかが何で4GBもメモリ食うんですかね。まあmmapしてるんでしょうけど。複数のオブジェクトに並列にランダムアクセスなんて、しないんじゃないかと思うんですが。あ、両者単一rustプロセスフェーズに入りました。ドキドキ。

開発:スワップを8GBに増やしといたので助かってますね。4GBのママだったら既に死んでます。

基盤:やばい、このまま同時に成長すると1GBくらい足りなくなります!control-Z!

基盤:だめだ足りなそう。止める決断が遅かた。。systemctl stop mysqlなんとかって何だっけ。。ああー 。 。 。

開発:死にましたね。

基盤:スワップ10GBにしときましょうかね。しゃーない。fg。make。

開発:またぶつかるんでは?

基盤:いや、こっちはCPU時間7分過ぎまで来てるんでもうすぐ終わるはずですから。。。 8分。。9分。。終わらない。そういやこれってシステム時間も含んでるのかな。そりゃパラでやれば長くなる。再びメモリ枯渇不可避かな。止めときゃよかった。

開発:あ、でもRESが縮み始めましたね。助かりそう。

基盤:助かった!

開発:と思ったら今度はldとrustcの鬩ぎ合いですね。

基盤:だから何でldのくせにそんなにメモリを食うんだよお前は!ファイルcloseし忘れてんのか?

開発:残り260MB。

基盤:通過しました。

開発:というわけで後から始めたThunderbird号が先にゴールインしましたね。

基盤:Firefox号も無事ゴールインです。

開発:スワップをあと2メガ増やせばパラでも行けそうですね。

基盤:そうですね。まあ実際は、逐次にやっても構わないですが。

開発:それでは、実行してみましょうか。わくわく。

基盤:まずは Thunderbird号より発進。mach run !

開発:あら?Firefoxが立ち上がりましたね。

基盤:ありゃ、mozconfigをコピーした時に、Thunderbird作成指示の行を変更するのを忘れてました。

開発:Firefoxを2つ並列にビルドしたという実験でした(笑)

基盤:終了時のメッセージが違うのが不思議なんですが・・・

社長:良いです良いです。それもまた貴重な経験。当社の資産です。


2020-0606 SatoxITS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です